社会福祉法人 健美会 地域密着型特別養護老人ホーム ふる里えにわ -地域密着型介護老人福祉施設-

電話によるお問い合わせはこちら。お気軽にお電話ください。0123-21-8855

トップページ > 新着情報一覧 > 当該施設職員の同居家族が、医療機関で行ったPCR検査の結果「陽性」が確定した事についての報告

当該施設職員の同居家族が、医療機関で行ったPCR検査の結果「陽性」が確定した事についての報告

当該施設職員の同居家族が、令和3年5月18日(火)に医療機関で行ったPCR検査の結果「陽性」が確定いたしました事について報告させていただきます。同居されている家族における発症日としては同年5月15日(土)の21時頃に発熱症状がありました。その後解熱しましたが5月17日(日)にPCR検査を実施し翌日夕方に「陽性」が通知されたとの事です。当該施設職員については、医療機関にて5月17日に抗原検査を実施し、「陰性」との診断。またPCR検査も実施し「陰性」であるとの診断を受けております。当該職員の最終勤務日は5月15日午後12時。5月16日以降は公休となっており現在(5月20日)まで出勤はせず自宅待機としております。同居家族からの当該職員への感染可能期間に勤務はしていたものの、入居利用者の方について現在までに発熱や呼吸器症状を有している対象者はおりません。また、介護職員についても発熱等の職員は確認されていません。保健所からの直接的な指示、指導は得ておりませんが、当該職員については改めて5月20日に医療機関にてPCR検査を実施していただきその結果を待っているところです。当施設における感染対策として、当然のことながら面会の禁止を継続させていただいております。また職員に対しては定期的にPCR検査を実施するとともに、日頃から職員及び入居利用者の方には日常的にマスクの着用も実施しています。また使い捨てグローブの装着、共有物の定期・随時の消毒・換気の他、入居者・職員の複数回における検温実施。同居家族がいる場合には自宅内においてもマスク着用を推奨し、「濃厚接触者」にならない対策を行っております。今回の職員の同居家族における「陽性」の確定の報告を受け、更なる感染対策の強化を実施するとともに、全職員に対してPCR検査を実施しクラスターが発生しない体制作りを行っていく方針です。現在のところ短期入所サービスを休止しておりませんが「入居利用者及び職員の安心安全」を第一に対応を行っていく所存です。入居利用者ご家族様、関係機関の皆様にご心配をおかけし誠に申し訳ございません。新しい情報が入り次第公表していきたいと考えております。

[ ←前のニュースへ ]  [ 次のニュースへ→ ]

ページトップへ

情報公開

ご利用料金

空室情報